ハピ活ライフ♬

未来を、明るく楽しくハッピーにしよう♬

【NFT】Poubelle(プベル)とは?特徴や買い方、今後の将来性をわかりやすく解説

 

こんにちわ❗
Roseberryです🙋‍♀️✨
本日のご訪問もありがとうございます✨

 

そんな本日の「ハピ活ライフ♬」は・・・

 

NFTやってる人たちの間で、Poubelle(プベル)が話題になってるんだけど、Poubelleって何?どうやって買うの?

 
という方に、おすすめの内容となっています。


こんな人におススメの記事です!

Poubelle(プベル)を知りたい
Poubelle(プベル)の買い方を知りたい
Poubelle(プベル)の将来性が気になる

NFT「Poubelle(プベル)」が何なのか、どうやって買ったらいいのかと疑問に思っていませんか?

 

Poubelleは、お笑いコンビ「キングコング」の西野氏が手掛けるNFTコレクションです。


この記事では、Poubelleの特徴から買い方まで解説しているので、記事を読んだら、実際にPoubelleを買ってみるといいですよ。


なお、Poubelleを買うには、イーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)が必要となります。


Poubelleに興味があれば、まず無料で口座が開設できるコインチェックイーサリアムを買っておきましょう。

 

それでは私自身の視点も踏まえて、わかりやすく解説していきますね。

 

コインチェック

 

【NFT】Poubelle(プベル)とは?特徴や買い方、今後の将来性をわかりやすく解説

Pubelle

画像出典:withnews

Poubelle(プベル)とは?

Poubelle(プベル)

画像出典:PRTIMES

 
Poubelle(プベル)
価 格

0.01ETH~(オークション)
 
販売日

2022年8月29日~
 
ブロックチェーン

イーサリアム
 
販売個数

365点
 
公式サイト

Poubelle」(OpenSea)
 

 

冒頭でも少しふれましたが、Poubelle(プベル)とは、お笑いコンビ「キングコング西野亮廣氏 (@nishinoakihiro)が監修のNFTプロジェクト。

 


Poubelle(プベル)は、


「ゴミのNFTを売ると何が起こるのか?」


といった社会実験的なテーマをかがげたNFTで、キャラクターについてもゴミをモチーフにしたモンスターが描かれています。


Poubelleの販売予定については、週1でモンスターがリリースとのこと(2022年9月現在)。


また、1モンスターにつき、5〜6体の色違いモンスターが登場するといわれています。
 

第一弾は「空き缶」をモチーフにしたモンスター「KAN」、第二弾は「かじられたリンゴ」のモンスター「ガブリエル」が販売予定となっています。

 

 

Poubelle(プベル)の特徴について

 

Poubelle(プベル)の特徴には、以下のようなものがあります。

 

Poubelleの特徴

  • お笑いコンビ「キングコング」西野氏が監修
  • SNSのPFP用として販売中
  • 自動作成されるジェネラティブNFT
  • 西野氏のコミュニティが充実
  • 販売数が多い

 

これらをひとつずつ解説していきますね。

 

お笑い芸人キングコング西野氏が監修

 

冒頭でも少しふれましたが、Poubelleは、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣氏が監修している作品です。

 

西野氏といえば、『えんとつ町のプペル』の著者としても有名ですよね。

 

 

Poubelleは、その西野氏が手掛けるNFTコレクション。


将来的にも、価格が高騰する可能性があるNFTといわれています。

 

SNSのPFP用として販売中

 

Poubelleは、SNSのPFP用として作成・販売されています。

 


<PFPとは>

 

「Profile Photo」または「Profile Picture」の略。
SNSなどのプロフィール用アイコン画像のこと。

 

 

西野氏は、アイコンをNFTにすることで、

 

  • 自分の趣味
  • コミュニティ

 

を表現できるはずと考えているようです。


また、


Twitterのアイコンがコレだったら、どれだけ切り口の鋭い正論を吐こうが、カッコつかない(喧嘩に勢いがつかない)ので、良くないですか? 」


といった具合に、Poubelleに対する自信も持ち合わせています。

 

ぶっちゃけ、Poubelleって、ポップでかわいいよね♬

 

自動作成されるジェネラティブNFT

 

Poubelleは、ジェネラティブNFTとなっています。

 


<ジェネラティブNFTとは>

 

機械により、自動で作られるNFTのこと。

 

 

つまり、プログラムで、キャラクターや配色を組み合わせて作られているNFTということ。


そのため、同じ組み合わせのキャラクターが存在しないので、レアなキャラクターであれば、高値で取引される可能性も出てきます。

 

自動で作られたキャラクターでも、やっぱりかわいいよね♬

 

西野氏のコミュニティが充実

 

西野氏は現在、オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」を運営しており、参加者は約4万人を上回る人気ぶりです(2022年9月現在)。


参加者数をみただけでも、国内最大の会員数といわれています。


つまり、サロン内でPubelle(プベル)が盛り上がれば、サロンの会員までもがPoubelleを買うのではないかとみられています。

 

販売数が多い

 

Poubelleの販売数は、いまのところ365体が予定されています(2022年9月現在)。


販売数が多ければ、どうしても欲しいといった人も手にすることができますよね。

 

販売数が多いとホルダー(所有者)も増えてくるので、Poubelleは盛り上がっていくよ♬

 

OpenseaでPoubelle(プベル)を買う方法

OpenseaでPoubelle(プベル)を買う方法

 

Poubelleの買い方は、下記の5ステップです。

 

Poubelleの買い方

  1. コインチェックの口座開設

  2. MetaMask(メタマスク)の作成

  3. イーサリアム(ETH)の送金

  4. Opensea(オープンシー)のアカウント作成
    MetaMaskの接続

  5. Poubelleを買う

 

 

これらをひとつずつ解説していきますね。

 

コインチェックの口座開設

 

Poubelle(プベル)を買う前に、まず仮想通貨取引所の口座開設を行う必要があります。

 

そこで、この記事では、コインチェックの口座開設後にPoubelleを買う~といった流れにさせていただいています。


ちなみに、コインチェックの口座開設は無料で行え、アプリの操作もとってもカンタン。

 

初心者にはおすすめの取引所なので、サクッと口座開設しておきましょう。

 


コインチェックの口座開設方法については、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

口座開設は10分くらいで終わるよ♬

 

MetaMask(メタマスク)の作成

 

次は、MetaMaskを作成します。

 


<MetaMask(メタマスク)とは>

 

インターネット上にあるお財布のような機能を持つウォレットのこと。

 

 

以下の記事で、MetaMaskの作成方法をつづっているので、参考にしてみてくださいね。

 

 

次は、

 

 

をやってみましょう。

 

イーサリアム(ETH)を買って送金する

 

それでは、まずイーサリアムを買ってみましょう。

 

コインチェックに日本円を入金する

 

イーサリアムを買うために、まずコインチェックに日本円を入金します。

 

コインチェック


コインチェック画面左の[日本円の入金]をクリック。

 

コインチェック

 

今回は例として[銀行振込]で1万円を入金しておきます。

 

入金の確認は、総資産のところをみるといいよ~♬

 

イーサリアム(ETH)を買う

 

先ほど入金した日本円で、イーサリアムを買います。

 

コインチェック


コインチェック画面左の[販売所(購入)]をクリック。

 

コインチェック


イーサリアム(ETH)を選択。

 

コインチェック


今回は1万円分を買ってみます。

 

金額に問題なければ、一番下の[購入]をクリック。

 

総資産の画面で、イーサリアム(ETH)が買えているか確認してみてね。金額は、手数料を引かれた金額が表示されているはずだよ♬

 

イーサリアムが買えたら、次はMetaMaskにイーサリアムを送金してみましょう。

 

MetaMaskにイーサリアムを送金する

 

先で買ったイーサリアムをMetaMaskへ送金していきます。


ここで、あなたが初めて送金する場合は、2段階認証を設定する必要があります。


2段階認証の設定をきちんとすませてから、進めていきましょう。

 

それでは、イーサリアムの送金前に、まず宛先登録を行います。

 

コインチェック


コインチェック画面の[暗号資産の送金]をクリック。


「暗号資産の送金」ページが表示されます。

 

コインチェック

 

送金する通貨がイーサリアムであることを確認したら、右下の[宛先を追加/編集]をクリック。

[新規登録]をクリックして、宛先を入力していきます。

 

コインチェック

 

  • 送金する通貨 ⇒ 【Ethereum】
  • ラベル ⇒ MetaMask(ここは任意です)
  • 宛先 ⇒ MetaMaskでコピーした宛先をはりつける


ここで、宛先を調べるため、MetaMaskを起動します。

 

メタマスクのアイコン

 

MetaMaskのメイン画面にあるアカウント名にカーソルを合わせます。


クリップボードにコピー」といったメッセージが表示されるので、クリック。


コピーしたものを、コインチェックの「宛先を新規追加」画面の宛先に貼りつけます。


ラベル・宛先を入力したら、[SMSを送信]をクリック。

  • SMS認証コード ⇒ 届いたコードを入力

 

[追加]をクリック。


「宛先を追加しました!」と表示されたら登録完了です。

 

 

ここから、上記で入力した送金先へイーサリアムを送金します。


念のため、宛先は再確認しておいてくださいね。

 

コインチェック

 

  • 宛先 ⇒ 先で入力した宛先かどうか確認
  • 送金先サービス名 ⇒ ここでは「その他」を選択して、【MetaMask】を入力しています
  • 受取人種別 ⇒ 「本人への送金」
  • 送金額 ⇒ 入力

 

[次へ]をクリック。

 

申請内容の確認画面が表示されます。

 

コインチェック

 

内容に問題がなければ、2段階認証の数字を入力。


利用規約の規定にチェックを入れて、[申し込みを確定する]をクリック。


「送金しました」と出たら、送金申請は完了です。

 

ちなみに、コインチェックでの送金状況は、送金画面の最下部「コインの送金履歴」で確認できますよ。

 

MetaMaskの画面も開いて、イーサリアムが入金されたことを確認しておこう♬

 

Opensea(オープンシー)のアカウント作成・Metamaskの接続

 

ここでは、Openseaでアカウントを作成した後、MetaMaskと接続します。


以下の記事で、Openseaのアカウント作成とMetaMaskとの接続をつづっているので、参考にしてみてくださいね。

 

 

OpenseaにMetaMaskを接続したら、次はPoubelle(プベル)を買ってみましょう。

 

Poubelle(プベル)を買う

 

Poubelle(プベル)の購入方法は、オークション形式。

 

オークション形式でNFTを買う場合は、先に買っておいたイーサリアム(ETH)をラップドイーサ(WETH)に変える必要があります。


それでは、ここで、イーサリアム(ETH)をラップドイーサ(WETH)に変える方法をみておきましょう。

 

イーサリアム(ETH)をラップドイーサ(WETH)に変える方法

 

OpenSeaのPoubelleページを開きます。

 

OpenSea

画像出典:Opensea

 

OpenSea


 右上のお財布アイコンをクリックして「MetaMask」に接続します。

 

OpenSea

 

パスワードを入力して、[ロック解除]をクリック。

 

OpenSea

 

イーサリアムの右側にあるに黒い3つの点部分をクリック。

 

OpenSea

 

[Wrap]を選択。

 

OpenSea

 

ここで、イーサリアム(ETH)をラップドイーサ(WETH)に交換できるので、交換したい数を入力して[Wrop ETH]をクリック。

 

この時、ガス代(手数料)がかかることも考えて、イーサリアム(ETH)を少し残しておくのがベストです。

 

その後、MetaMaskで署名を求められるので、確認して変換。


これで完了します。

 

変換したラップドイーサ(WETH)は、右上のお財布アイコンをクリックすると確認できるよ♬

 

Poubelleを買う(Offerする)

 

それでは、PoubelleのNFTを買って(Offerして)みましょう。
 

OpenSea

 

Poubelleページを開き、欲しいNFTを選択します。

 

オークション中のNFT(イラスト)を選択し、[Place bid]をクリック。

 

OpenSea

 

上記画面が表示されますので、左下をチェックします。

 

OpenSea

 

WETHのとなりに金額を入力し、[Place bid]をクリック。

 

MetaMaskの画面に移行するので、問題がなければ[確認][署名]をクリック。

 

これで、Offerは完了です。

 

Poubelle(プベル)の将来性について

Poubelle(プベル)の将来性について

UnsplashGuerrillaBuzz Crypto PRが撮影した写真 

Poubelle(プベル)の将来性につていは、以下のようにみています。

 

Poubelleの将来性

  • NFTの需要が増えている
  • NFT初心者による購入が増えている
  • CHIMNEY TOWN DAOの存在

 

これらをひとつずつ解説しますね。

 

NFTの需要が増えている

 

「NFTは、そのうち飽きられるだろう」


といわれていますが、西野氏の参入により、NFTに興味を持つ人たちがさらに増えつつあります。


実際に、Poubelle(プベル)があちこちのメディアで話題になることで、NFTの存在も大きくなりますしね。


また、西野氏の作品そのものは評価や人気が高いため、NFTの需要も押し上げていくことが予想されます。

 

NFT初心者による購入が増えている

 

Poubelle関連の記事が一気に流れ始めたこともあり、NFT初心者がPoubelleを買い求める流れも増えていくでしょう。


ただ、NFT初心者だと、Poubelle(プベル)の購入に少々戸惑うと思います。


そこで、初心者がPoubelle関連の記事を検索すれば、記事を参考にPoubelleを買いはじめるはずです。


つまり、Poubelleの登場により、NFTに興味がなかった人たちが、Poubelleで初めてNFTを買う~といった流れが予想されます。

 

CHIMNEY TOWN DAOの存在

 

「CHIMNEY TOWN DAO」は、DAO(自律分散型組織)について学ぶオンライン勉強会をもとにスタートしました。

 

 


<DAO(自律分散型組織)とは>

 

DAOとは、中央集権的な力を持つリーダーを持たず、参加者全員で平等な組織運営を行う組織。

 

 

Poubelle(プベル)の登場をきっかけに、「DAOを学びたい」といった初心者などの参加者も増えると予想されます。


ちなみに、CHIMNEY TOWN DAOは、Poubelleの発行を手掛けるチームでもあります。

 

NFTを初めて買う時の注意点について

 

NFTを初めて買う時の注意点は、主に以下の4つです。

 

NFTを初めて買う時の注意点

  • Webサイトが本物の公式サイトかどうか、URLを確認して開く
  • うまい儲け話などはさける
  • 他人にパスワードなどを教えない
  • 知らない人からのメールやファイルは開かない

 

NFTほか、仮想通貨の世界では、ニセモノのサイトが出回ったり、よくわからないメールが送られてくるといったことは当然のように起こります。


上記のようなことは「Scam」といわれ、詐欺を意味します。


NFTがいま一つまだよくわからない方は、一度以下の記事もご覧になっておいてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回はPoubelle(プベル)の特徴や買い方などについて、解説してみました。

 

  • Poubelle(プベル)とは?
  • OpenseaでPoubelleを買う方法
  • Poubelleの将来性について

 

Poubelleは、ポップなキャラクターとコミュニティの存在により、今後も人気が続いていくと思われます。


なので、今のうちに保有しておけば、将来的にもけっこうな利益を得られる可能性も。


これを機に、NFTを買ってみるのもいいと思いますよ。

 

ちなみに……


記事中でも述べましたが、Poubelleを買うには、まず仮想通貨のイーサリアムを用意する必要があります。


ひとまず、コインチェックでサクッと口座開設して、イーサリアムを買っておきましょう。

 

コインチェックのアプリとか、とても使いやすいよ♬

 

この一歩が、あなたの将来を大きく変えるかもしれませんよ!

 

コインチェック

 

ここまで読み進めてくださった時間が、あなたの新しい世界へと繋がりますように。

少しでも参考になれば幸いです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました!



 \ ポチッとお願いします♬ /

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

20200205110537